男性

利用料だけの支払いだけで済む!お得に利用できる電話会議ir

このエントリーをはてなブックマークに追加

管理車両を細かくチェック

車

営業活動をする場合、円滑に移動するためには車が必要です。企業によっては、営業専用の車両を数台購入、あるいはリースやレンタルで導入しているところもあるでしょう。営業用車両は、単に営業社員の脚となるものだけではありません。車体に企業名や企業連絡先をプリントしておけば、街中を走行する際に多くの通行人やドライバーの視界に入ります。アドトラックと同じような効果が期待できるのは間違いありません。営業社員の脚や広告物としての役割を果たしてくれる営業用車両は、管理が大変なものです。単に、清潔な状態を維持するために車体や車内を洗浄してきれいにするのは勿論、正常に公道を走行するために車検を受けることです。車検は、定期的に受けるもので、もし指定日以内に受けておかなければ、公道が走行できなくなります。もし、車検切れのまま営業車両を走行させてしまったら、道路交通法に触れてしまいます。そのようなことを防ぐために、車両管理システムを導入するのがおすすめです。車両管理システムなら、導入している車の台数全ての情報を登録しておけます。いつまでに車検を受けなければならないのか、破損した経歴や新たにカーナビをつけた日はいつだったのかまで、事細かに登録しておけるのです。一応、車両管理システムに登録できる車両数は、システムによって異なります。もし、車両管理システムを選ぶとしたら、登録管理できる車両の数をちゃんと見ておきましょう。ものによっては10台まで登録可能なものがあれば、何台登録しても問題ないようなものも存在します。